作成者別アーカイブ: miura

果たして、どうなる?大阪文化芸術フェスティバル2017

29年10月1日~31日、1か月間の開催期間をかけて、大阪文化フェスティバルが開催されます。そこで一言。

この内容ですが、大阪府内各地域(万博公園での開催)において、落語、歌舞伎、クラシックからJAZZ、まあ、ジャンルは多彩で、ごじゃまぜのフェスティバル。確かにチラシには「大阪の10月が文化芸術の一色で染まる。様々な文化芸術がジャンルを超えて交わり合うことで、大阪から新たな文化、新たなスターがうまれるかもしれない。さあ、出かけよう、体験しよう、大阪の未来はここから始まる。」とあります。

多くの府民の皆さんが文化芸術に触れあうことができるチャンスとなるかもしれないが、これで大阪府が文化芸術に力を入れているでしょ、と当局が考えているなら大間違い。一つ一つの内容は別として、ひとくくりにしてしまうことで、文化芸術が一つの単なるイベントになってしまわないかな・・・。

また、9月初旬には大阪クラシックが開催されているし、11月には「関西文化の日」が予定されており、関西一円の美術館、博物館等の文化施設が入場無料となります。そういった行事と大阪府はこれまで協力や広報支援をしてきたのでしょうか。本来であるなら、そういった事業と協賛するとか連動するとかして、この文化芸術フェスを開催すべきと思いますが。

大阪には国際美術館、大阪市立美術館をはじめとし、博物館などの文化施設、クラシックの楽団、や芸術劇場、小劇場、文楽、歌舞伎、落語等、こういった既存の施設や事業、芸術系の大学もあり、これらを支え、大阪の文化として発信し、次世代に伝え承継していくことが行政の役割だと思う。まあ、このフェスティバルが大阪の皆さま、世界の人々に感動の共感を与えるチャンスになること。と大阪の文化芸術の再構築になることを期待します。

この文化芸術フェスには雁治郎さんや愛之助さんらが歌舞伎特別公演されるとのこと、上方歌舞伎の艶っぽさを是非ご披露願うところです。また、お二人が大阪万博の誘致委員会のアンバサダーご就任とのこと。それであるなら、文楽人形の「お初」「徳兵衛」など人形浄瑠璃のお二人にもアンバサダーにご就任頂き、大阪の伝統芸術を更に世界にアピールできるのではないでしょうか。松井知事に提案します。

DSC_0077 yjimage

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドーンdeキラリフェスティバルが開催

9月1日、2日と

ドーンセンター(天満橋)で「ドーンdeキラリフェスティバル2017」が開催。大阪府・OSAKA女性活躍推進会議が主催で開催されました。1日目は金曜日で企業向けセミナー、キャリアアップに役立つセミナーなど、働く女性の活躍に向けた内容が中心。2日目は女性のライフデザインやくつろぎヨガやキャンドルづくりなど、子どもも参加できる内容となっていました。

私と内海府議は2日目に出席。「身近なものでそろえる家庭の防災、女性の視点で防災を考えてみよう!」 一般社団法人プラスワン防災 坂本真理さんのワークショップを拝見。(ここもわずかな時間で済みません。)

個人の防災対策、持ち出し品・備蓄品など具体的な生活イメージの中でどういったものが必要かを話していただいた。たとえば、粉ミルクやお薬の服用には硬度の低い水がよいので、備蓄水もそういったも製品を備えておく。缶詰など家族の食の好みも必ずチェックしておくことなど、子ども、高齢者など家族の状況にそった食の防災対策の内容でした。

GIRL RISING~私が決める、私の未来~が上映されていました。途上国の女の子の現実と希望を描いたドキュメンタリー風オムニバス映画です。(ドーン財団主催)ここも残念ながら僅かしか見れなかったのですが、女の子の活き活きと強く生きる姿が可能性を感じさせる内容かと思いました。”今日を生きる女の子たちが教育を受けられるようにすることは、私たちみんなの明日への投資だということ「GIRL RISING」は思い起こさせてくれます”とこの映画のナレーターを務めた俳優からのメッセージが掲載されていました。

この映画を見て改めて思ったこと。

今、日本では女性活躍が注目され、国も挙げての取組です。しかし一方、若年女性の貧困、ひとり親の貧困、高齢女性の貧困など女性の貧困の現実と課題があります。この映画を見て、今一度、女性政策の基本である女性の人権、女性の健康、社会の中での男女の役割等、女性自身が 学ぶ機会の充実、機会の提供は必要と感じた次第です。

DSC_0066IMG_9304

 

 

 

 

 

 

アニマル ハーモニー大阪・視察

8月24日(木)

公明党大阪府本部女性局のPT「地方創世・まちづくり・環境分科会」(PT長 島田真理大阪市議会議員)のメンバーで羽曳野市にある「大阪府動物愛護管理センター」(愛称:アニマル ハーモニー大阪)を視察。

同センターは本年8月にオープンし、動物愛護管理行政を推進する拠点として、子どもから大人まで幅広い世代の方々に利用いただき、人と動物とのより良い関係づくりを進め、社会全体で殺処分がなくなることを目指しています。府内3か所の支所(箕面、四条畷、泉佐野)と連携し、動物の飼養管理、健康管理についての相談、指導、助言、譲渡等を行っています。動物の譲渡についても積極的に取り組んでおり、8月29日現在で、犬8頭、猫14匹、インコ2羽、イグアナ1匹が譲渡されています。

敷地内には施設学習型ゾーン、自然活用型ゾーンを設置し、動物と人と正しい付き合い方、自然の中での動物と人との共生を考えるなど工夫が凝らしています。

昨今、無責任に動物を飼養することによって発生する人への危害や生活環境被害など動物に係わる問題が拡がっています。私たちはこれまでも動物愛護の推進、殺処分ゼロをめざす取り組みを進めてきました。これからもこの大阪府動物愛護管理センターを拠点とし、動物と人との良好な共生社会を目指してまいります。

所在地:大阪府羽曳野市尺度53番地の4 電話:072-958-8212

開館時間:月曜~金曜 9時~17時45分・・・土曜・日曜・祝日9時~17時30分 ・・・・・・・・ (休館日:年末年始)

FullSizeRender   224A2467

 

 

 

 

 

DSC_1339

6月12日(日)大阪府の平成29年度「国の施策並びに予算に関する最重点提案・要望」について公明党所属の国会議員に対し説明会が開催。ラグビーワールドカップ開催における財政支援。保育所整備や保育士等の配置基準の弾力的運用による待機児童対策の強化、リニア中央新幹線の全線同時開業など大阪都市圏の競争環境の整備、成長の安全・安心を支える国の形づくりを最重点要望としています。

中でも~分権型の国の形への転換~のうち、企業の地方拠点強化税制における支援対象地域の見直しについて、大阪府全域を対象とするよう要望しています。この件について、北側副代表から是正していく旨のコメントがありました。小松製作所は本社機能の一部を東京から地元石川に移転。少子化対策にとってメリットがあるという話。現地での雇用の創出、女性の就業環境の整備による出生率の向上などだそうだ。既婚女性の子供の数が東京では0.7人、しかし石川では1.9人、管理職の女性に限定すると2.6人に上回ったということ。東京より住宅事情が良く、物価も相対的に安く、女性も安心して働けるということだ。確かに企業、人口が集中する東京では、晩婚化や少子化が進み、地価の高騰などにより住宅事情や働く女性にとって子育てする環境としては決して良いとは言えないのが現状だ。

大阪は夏のヒートアイランドの蒸し暑さはあるものの自然災害には今のところ恵まれている。府域にはまだまだ自然もあり、交通アクセスも良くなりつつある。物価もまあまあ安い、農水産物も頑張っている。治安対策、種々の教育環境整備等少々課題があるが、住むのにはいいところだと思う。是非、東京に本社機能を移した多くの企業が大阪への移転に向けて検討されることを願うものです。

 

 

 

DSC_21651

DSC_1253

 

平成28年4月21日(木)大阪府庁で株式会社サニークリーン近畿からの
図書等の寄贈式が行われました。4月23日の「子ども読書の日」に合わせ、
子どもたちに本を親しむ機会を提供し、読書好きな子どもを増やすため、
(株)サニークリーン近畿から、絵本約450冊、展示用の面展台等の寄贈
の申し出があり、本日の式典となりました。また、当日は大阪府広報担当
副知事のもずやんと、(株)サニークリーン近畿環境推進本部長のサニエ
ルよる大阪「超」盛り上げ共同声明の署名も行われました。

吹田市長に緊急要望!

「子どもの犯罪被害防止施策の拡充を求める緊急要望」を提出。

9月7日、公明党吹田市議団と共に後藤吹田市長に対し、「子どもの犯罪被害防止施策の拡充を求める緊急要望」を提出しました。8月13日の寝屋川市での男女中学校生の残虐な事件が発生。子どもたちの安全確保のため、吹田市におけるこれまでの取組に加え、防犯チェックシートの作成、防犯カメラ網の構築等5項目にわたりより一層の対策を講じるよう要望しました。今後は浮島智子衆議院議員が取り組まれている「セーフティプロモーションスクール」(安全な教育環境整備に取り組む学校の認証制度。大阪教育大学付属池田小学校が児童殺傷事件後に進めた安全対策をモデルに大阪教育大学が創設した制度。)も、紹介させて頂き、吹田市でも是非取り組まれますことを要望して参ります。DSCN0807 HP用

 

 

景気回復が実感できる府政運営を。

IMG_3356

8月4日、大阪府議会公明党は松井大阪府知事に「府政の施策ならびに行財政運営に関する要望書」を提出。要望内容は大阪の成長に向けてなど5つを柱として、69項目にわたり要望しました。

特に女性の活躍の機運を盛り上げるための、府の関係部局などによる推進組織の構築関西特許庁の誘致世界文化遺産登録・日本遺産認定の推進リニア中央新幹線の全線同時開業選挙権年齢の引き下げに伴う主権者教育の実施スポーツと文化・芸術担当部局の創設と振興地域包括ケアシステムの構築に向けた市町村のサポート体制の確立子どもの貧困対策とひとり親家庭への経済支援策の充実など。

松井知事より、①の女性の活躍推進について、「オール大阪で設置した女性活躍推進会議で情報発信に取り組む」との回答。さらに私から「推進会議での今後の取り組みについても言及。小西副知事より、この9月に「OSAKAジョブフェスタの開催~女性の輝く1か月~2015」の開催について報告がありました。2月の一般質問で、私は「経済団体や企業、大学など産官学のネットワークを活かし、大阪全体で女性の活躍を推進する機運を高めるため、大阪の女性が元気で輝くことができるような共同アピールをすべき」と知事に提言。女性の活躍推進の9月に実施されるキックオフの事業でオール大阪での共同提言されることを多いに期待しているところです。

 

 

戦後70周年 長崎県平和教育を学ぶ

7月 16日~17日                       P1030317

平和教育の取り組みについてて、長崎県教育委員会に伺いました。

戦後70年、国での安保法制の議論など、私たちが改めて「平和」とはを、考えさせられる時であり、また、私たちも含め「戦争」経験の無い世代に、戦争体験をしっかり語り継ぐことの大切さ、どのような形で残していくかを考えていく時ではないか。そんな点も踏まえ、「平和」についての教育現場での取り組み状況を伺いました。

 長崎は被爆県として平成12年度から全公立学校(定時制を除く)において、「県民祈りの日」である8月9日を登校日として、戦争や原爆の悲惨さについての指導を行うなど平和学習を実施されていました。平和学習用資料を発行、留学生に被爆体験を英語紙芝居で披露するなど様々な取り組みが行われ、先生方も被爆県としての思いも強いことから積極的な学習支援がなされていました。NPO法人フリースクール久レイン・ハーバーを視察。困難を抱える子ども、若者の自立就労支援を実施

 

 

 

大阪府立中之島図書館視察~感動の宝庫~

正面玄関開扉など、リニューアル中の府立中之島図書館を視察。久しぶりの訪問、 高校生の時、友人と自習室に通った記憶が。古臭い匂いを感じさせるが、なぜか 落ち着いた雰囲気が好きだったような気がする。 現在は、ビジネス関係資料の利用、調査及び相談、大阪資料、古典籍の利用や調査相談の業務となっています。

 明治33年に第15代住友吉左衛門氏から、大阪府に対し、図書館の建物一式と図書購入基金が寄付により明治37年に開館の運びとなる。なんと、開館から111年。  美しいドームになっていますが、中央ホールギャラリー上部のフリーズには、右回りに菅原道真、孔子、ソクラテス、アリストテレス、シェイクスピア、カント、ゲーテ、ダーウィンの八哲の名前が記されています。

複雑な階段、迷路のような書庫、団体や個人から寄贈されたコレクションなど貴重な資料が一杯。特にこの図書館の貴重書約9000冊。この書庫に案内頂き、感動。井原西鶴の好色一代男、近松門左衛門の女油絵地獄、織田作之助の夫婦善哉の草稿などを見せていただく。もっと、ゆっくり見たい。与謝蕪村、上田秋成党等々 大阪の時代を巡る錦絵、素晴らしい蔵書の数々。大阪府立中之島図書館は貴重な府民の財産。

リニューアル工事により、従来型の図書館から、文化を創造・発信する図書館、わくわくするエンターテイメント性のある図書館に生まれ変わるとあります。大いに期待したい。

追伸:国際児童文学館、もっともっとアピールでき、世界に発信できる施設と機能を!何とかしたいもの。

独立行政法人国立病院機構 大阪医療センター視察

060


300px-National_Hospital_Organization_Osaka_National_Hospital

1月29日(木) 公明党大阪府議団で大阪市中央区にある大阪医療センターを視察。大阪府庁から歩いて10分程の場所にあります。こちらの医療機関には以前、病院内の保育所が充実しているとのことで、公明党女性局で訪問させて頂いた。 今回は、西日本の災害医療センターとして位置づけられ、大阪府の地域災害医療センターとしてその設備や機能、DMATの体制について視察させていただいた。

敷地内に緊急災害医療棟が建設されており、災害時には500人収容可能。平時は災害医療の研修の場として研修室や講堂として活用されています。さらに医薬品、食料品、医療器材、災害用備蓄品、さらには簡易ベッド500人分そして、受水槽は800トンと充実した整備。また、地下1階には、放射線災害医療処置室が設けられています。ここでは除染をはじめ、習得された技師による被ばく線量測定、診察・処置など被ばく医療に関しての診療が可能となっています。

改めて、大阪府庁のそばにこのような充実した災害拠点病院があったとは、勉強不足で、さらに上町台地に立地し、災害時には安全性、機能性から考えると非常に有効な医療機関であり、大阪府との更なる災害時医療連携機能の強化を図る必要性があることを実感した視察でした。 ちなみにDMATチーム(災害派遣医療チーム)は4チームあるようです。本日,対応いただいた定光先生以外、ほとんどの先生が日本各地での訓練や研修で不在でした。